S’s Story

自分の立ち位置がわからなくなっていた5年前 ・・・

株式会社東和コーポレーション 白井様インタビュー株式会社東和コーポレーション 白井様

私が森山先生の研修を受けたのは、5年前。第1期生でした。当時の私は、東ブロックの下にあるエリアの1つを管理する、エリア長という役職でしたが、さらに責任ある立場につくべきか、ついていいものなのか、迷いがありました。私のプライドや自負が、決断を鈍らせていたのかもしれません。仕事における自分の役割や位置付け・会社の未来像など、いろいろなことを考えましたし、自分が手を挙げるよりも、外部からもっと優秀な人間を連れてきた方がいいのではないか、とも思ったりもしたのです。

「社歴的に見て、次は白井」という声がある一方で、「なんで白井がブロック長なんだ」「時期尚早ではないか」といった見方も当然あったでしょう。自分が思う将来像と周りが期待する将来像にも違いがあるのでは、足踏みをしている自分がいました。その差をどう修正して、自分の中に取り込んでいけば良いのか、悩んでいた時期でしたね。

社会人としての成長は実感していたものの、このままで良いのかという不安や焦り、責任ある立場で失敗できないといった、自分でも原因がわからない、モヤモヤした感情もありました。当時、これからの会社を担っていくのは私だという自覚はあったものの、自分の考えが合っているのかどうか、自信を持てないでいたんだと思います。

何かを教えてくれるわけではない、1つずつ紐解くような気づきがある

株式会社東和コーポレーション 白井様インタビュー

当時は他にも社内外の研修が実施されていて、いくつか掛け持ちをしていたのですが、たくさんのことを吸収できるという期待値が大きかったです。特に、森山先生の研修は、他とは内容が明確に違ったので、「どんなことをやるのだろう」と興味がありました。

他の研修は、マネージメンントとはこうするものだ、こういう考え方をするべきだといった講義型がほとんどでした。しかし、森山先生は、受講生と1対1で向き合い、育ってきた環境や考えていることなど、全てをさらけ出して、ひたすら向き合うスタイル。研修と言っても、こうしなさい、ああした方がいいよ、と具体的に教えてくれるわけではありません。

私の場合も、かなりの長い時間と月日をかけて、私の中のこじれた感情を、少しずつ紐解いていく作業が続きました。時には、自分でも気持ちと状況の整理がつかず、どうしてよいかわからなくなってしまうことも。

ある時、あまりにも混乱する私を見かねた先生は、突如面談を中断。そして気分転換のために、都庁の展望台へ連れて行ってくださるなど、その時の私の状態に合わせて、臨機応変な対応をしていただくこともありました。

具体的な指示よりも、私がちゃんと進めるように導き、背中を押ししていただいたと感じています。受講生一人ひとりに寄り添って、面談や週報などの研修課題から得た情報を加味しながら、一緒に解決していく、二人三脚の研修でした。

迷いが晴れて覚悟ができた。研修での気づきが今も判断基準に

株式会社東和コーポレーション 白井様インタビュー

私にとって、この研修が転換期となったことは、間違いありません。自分の中で変われたこと、感じたことがたくさんありました。振り返ってみると、私は自分の将来に対して、きちんと向き合っていなかったと思うんです。心の中では答えが決まっていたのに、それを口にする勇気がなく、見て見ぬ振りをしていました。

1年間の研修を終えて、はっきりとわかったことは、“自分が望もうが望まなかろうが、人には使命がある”ということです。そして、私の使命とは、会社を背負っていく人間にならなくてはいけないということでした。そのことが明確になってからは、霧が晴れたように、臆せず、迷いなく進めるようになりました。

研修から約5年の月日が流れましたが、そこからはずっと気持ちにブレがないです。何か判断をしなくてはならないときは、あの頃の気づきが判断基準となっています。

それまでは、やりたいかやりたくないかといった自分の感情が優先してしまったり、決断できずに悩んだりすることも度々でした。今では、使命感を持って仕事ができるようになったので、視野が広がり、会社として将来的にどうなのかという視点での基準がはっきりしています。自分がしかるべき立場だったらどう判断するか、俯瞰的に考えられるようになりました。

社員と会社の成長に不可欠なMBL研修。今では部下の研修を把握する立場に

株式会社東和コーポレーション 白井様インタビュー

私は森山先生の研修の1期生で、その後も2期生・3期生と続き、2年ほど前からは対象を全社員にまで広げて実施しています。現在は自分の部下たちが研修を受けていて、彼らの変化を日々感じるようになってきました。

彼らを見ていると、研修できちんと自分と向き合っているかどうかが、よくわかります。きちんとやっている人とそうでない人は、成長も結果も一目瞭然。はっきりと違ってくるんです。

私が受講していたころは、社長が研修の進捗状況の確認や受講生の様子を把握していたのですが、現在は私がその役目を引き継いでいます。上司として、研修の先輩として、部下の研修の様子が気になりますし、一度経験したことなので、内容もよく理解しているつもりです。立場的にも社長に代わって私がやったほうがいいのではと考え、自分から提案しました。

今後もMBL研修を通して社員一人ひとりの成長を見守りたい

株式会社東和コーポレーション 白井様インタビュー

このフライングカラーズ社のMBL研修は、本人にプラスになるだけでなく、会社への貢献になると確信しています。私のように変われる社員を、いかに増やしていくかで、会社の業績も大きく変わっていくはずです。

特徴的なのは、一般的なものを、誰にでも同じように均等に教える研修ではないということです。会社や、セクション、もっと極論を言うと個人に合わせて寄り添ってアドバイスしていただける研修。ですから私は、面談や、毎週書かなくてはならなかった週報も、“やらされている”という印象は一切持ちませんでした。主体的に動くことで、新たな一歩を踏み出せるようになります。

このような研修は、他には類を見ません。社員皆が絶対に受けた方がいいと思っていますし、続けるべき。今後も森山先生とともに、社員たちの意識が変わっていく様子を見守ってきたいと考えています。