MBL

MBLとは、「CC面談」と「伴走週報」によって、個人と組織の成長を加速させる取り組み

MBL(マネジメント・バイ・ラーニング/Management by Learning®e) は大きく分けて「CC面談」と「伴走週報」の取り組みから構成されています。

「CC面談」のCCとは、CounselingとConsultingの頭文字のことで、カウンセリングとコンサルティングを融合させた面談スタイルを意味しています。

「本当に成果の出る人材育成の姿を追求する過程で辿り着いた面談スタイルであり、特に、部下育成に苦手意識を持つ管理職の方々が、弊社の担当コンサルタントと真正面から向き合う経験を通じて、ご自身の部下の方々とも真剣に向き合うことの重要性を実感し始めます。

そのため、このCC面談を通じて、管理職の方々の部下育成力向上を期待することが可能です。

また、「伴走週報」の伴走とは、講師と受講生が一体となって、 経験から学びを引き出し、成長し続ける取り組みを指しています。この取り組みを通じて、受講生一人一人が、自らと深く向き合うことが可能となり、内省する力を高めることが可能です。

自分自身と徹底的に向き合う経験を積み重ねることによって、他責が自責へ、現状維持が限界突破へ、チャレンジが当たり前の事へ等、様々な変革ストーリーが誕生し始めます。

MBLでは、こうした自己変革の様子を研修メンバー全員が共有し、相互に刺激を与えあいながら、個人の自己変革が組織全体へ波及する流れが生じます。このような取り組みを通じて、想像を上回る組織変革が進展する様子を、多くの経営者様にご実感いただいております。

MBL

MBL研修受講生の声を集めました

それぞれのSTORYSはこちら